脱毛サロンの脱毛器と施術内容

数ある脱毛サロンでは、それぞれ異なる脱毛器を用いて脱毛施術を行っています。しかし、最近の脱毛サロンで使用されている脱毛器のほとんどは光脱毛と呼ばれる種類の脱毛施術を行うことが出来る機械です。製造元や製法には違いがあっても、基本的な原理はどれも同じだと言えるのです。

光脱毛の脱毛器では、脱毛器のヘッドから発せられる光を肌に照射することでムダ毛の処理を行うことが可能になっています。脱毛器によって発せられる光の種類や照射面の大きさには違いがありますが、光の熱を用いて毛根の処理を行う仕組みは共通しています。

脱毛器から発せられる光は、黒い色素を持つムダ毛に集中します。ムダ毛に集まった光は毛根まで伝わり、毛母細胞と呼ばれる細胞にダメージを与えることが可能になります。

同様の仕組みを持つ脱毛器を用いて脱毛施術が行われる為、だいたいどこの脱毛サロンを使っても施術の流れには大きな違いは発生しません。光脱毛の施術では、まずは処理したいムダ毛が生えていることが不可欠です。毛根が残っている状態でないと脱毛施術の効果が得られなくなってしまう為です。

しかしムダ毛が延びていると効率的な施術が行えなくなってしまう為、施術前にはムダ毛を剃っておくことが必要になります。きちんと剃って短くなったムダ毛に対して脱毛器の光を照射すると、毛根に伝わった熱が毛母細胞に損傷を与えます。施術時には肌にも熱が加わってしまう可能性があるので、施術前後にはきちんと肌を冷やしておくことも欠かせません。

更に施術後は肌の保湿ケアも行うのが一般的で、アフターケアが脱毛施術に含まれる脱毛サロンが基本です。